DA85

DA85使用上の注意

数台のDA85が異物混入による故障を起こしています。
原因は機体内に残った、ワッシャーやボルトなどを吸い込みエンジンが故障しています。機体製作後は必ず、機体内をクリーニングしてください。キャブレターの廻りに穴が無い為、物凄い勢いで胴体内の空気を吸い上げています。胴体最後部に穴を開けておくとよいかと思います。(スムーズに空気がすえます。)

<DA85>
Waight 1965g

<推奨プロペラ>
ブレークイン 26x10 27x10TH(ナロー)
ブレークイン後 26x12 27x10 24x12-3ブレード
ウィングスパン2400mm程度の機体にベストマッチ
ピッツマフラーも発売開始